2015年01月18日

さくら強制産卵から祝退院です



みなさーん アタシ元気に帰ってきました

後ろ姿は こーんな感じ ちょっと毛引きしちゃったけどー

CIMG7597.JPG








ほーら お顔も元気そうでしょ!

CIMG7596.JPG







ちょっとだけ 水浴びもさせてもらってママの頭で毛づくろい

CIMG7565.JPG







そんで 日向ぼっこしてー

CIMG7581.JPG







今日は一日 まったり まったり過ごしてました

やっぱり お家はいいよね〜〜

CIMG7584.JPG







さくらの元気な姿を見ていただけて とってもうれしいです
*゚。+(n´v`n)+。゚* ニィ-









さくらは卵詰まりを回避するための強制産卵で輸卵管、子宮が傷つき

10日間入院生活をしました。

幸い病院の発情抑制のお陰で二個目の卵を造ることも無く

傷口もほぼ完治出来ているそうです。

それでも、7種類のお薬、水に溶かす飲料用薬が出され一週間後再検査です。

そして、まだ繁殖期が終了していないので自宅の生活では発情をしっかりと

抑制していかなければいけません。発情の終了は大量の換羽が目安です。

普通の小鳥の繁殖期は1年に約3ヶ月間位らしいのですが、

さくらの発情は今までそれよりずっと長く続いていました。。。。。









病院から渡された さくらの初めての卵と愛鳥の健康管理手帳

このお玉ちゃんは さくらががんばった証、元気に帰ってきた記念です。

大事に取っておきます。

CIMG7603.JPG








発情抑制のために 紙切り 薄暗い場所に籠る 背中への接触 

発情対象(人形など)の設置

さくらが今まで 大好きだったことは全てNGです。

もっとも重要なことは 食事の量と体重管理です。

毎日、健康管理手帳に食事の量、体重、体調等々を記入していきます。

餌が豊富にあり ストレスの無い環境は脳が、卵を造る方向に働くのです。

さくらは肝臓障害が多少あって身体的に卵を詰まらせる可能性が高い

小鳥らしいのです。主治医の先生によると

「この子は栄養を十分に与えて卵を正常に産める体を造るより

卵を造らせない環境に置くことの方が 体の危険を回避出来るだろう」

という事なのです。











かわいいママからさくらへ

さくら これからも課題がいっぱいだよー

ママの願い「今日も一日 楽しかったね」って思えるインコライフのために

ママ頑張るからね!  でもねさくら ママは一人じゃないよ


いろーんな人達が応援してくれてるんだよ

ご訪問者様や日本ブログ村の皆様、もちろん主治医の先生や家族、

周りの人、お顔も知らないネットで情報をくれる方々とか 

いっぱい いっぱいいるの

だからママは 自分を信じてしっかりさくらと向き合っていくからね!

さくら 退院おめでとう!ほんとによくがんばったね! 

ありがとう!!  













皆様 応援ほんとにありがとうです
僕はこれで ア・タ・シ 決定ですから
これからは アタシということで(人'v`*) オ ネ ガ イ

にほんブログ村
posted by さくらママ at 22:08| 埼玉 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | 産卵(無精卵)記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月09日

初お玉は強制産卵でした



今日のさくら産卵の記録は専門的になるので、
さくらママには正確に理解が出来ていないかもしれません。
誤解、間違った記述があったらお許し下さい。


さくらのレントゲン写真です。
デジカメを出すと「記念ですからね!」と先生がニッコリ許可してくれました。

CIMG7541.JPG

Dr:「通常、殻は白くぼやけて写る程度ですが、白く濃く写っているのは
殻が厚くなってきている証拠です。」





昨日は主治医のイケメン先生が詳しく説明してくださいました。





Dr:「卵が輸卵管に48時間以上あると、ストレスが発生し発情が止まります。
輸卵管は発情によって産卵時にボールペン位の太さになります。
発情が止まるとボールペンの芯くらいの細さになり、
卵の回転が止まり固定されて自力で産卵ができなくなります。

一個目の卵が固定されている状態で二個目の殻を造るカルシウムが出始め、
固定された卵は更に固くなり出にくくなります。」



この状態で、さくらは輸卵管から昨日先生の手で強制産卵されたのです。。



「それで出なければ手術になっていました。メスで切ることは避けられましたが
脱肛して粘膜が出ています。感染の心配もあり二個目、三個目の卵も自力で
産卵は出来ないでしょうからこのまま、10日程入院させます。」







さくらが卵を抱えながら自力で産卵できなかった理由は、
二つ程考えられるようです。

1、年末に卵が出来きていたらしいが、年始に外泊したことがストレスになり
  発情が止まった。

  
  ママが卵に気付いてあげていれば、避けられたかも。。。

2、さくらの身体的理由
  肝機能の障害が多少あること。脂肪、コレステロール値が低い。
  

  カルシウム不足など専門的なデータから説明をうけた。
  後日、ノートを渡すので体重管理をしっかりするようにとのこと。


他に、毛引きが雌に多いのは羽毛を巣作りの材料と考えるらしい。
課題は発情を抑制し産卵をさせない事が重要。
今後もさくらは卵が出来れば危険な状態になることも考えられるし、
今回もまだ卵が出来るでしょうからその処置が大事です。


以上が昨日の先生のお話でした。
ただ、はっきり解かったことはこの機会に栄養面、飼育面をもう一度
しっかり見直さなくてはさくらと長く一緒に暮らす事が難しいという
ことだと思います。頑張れ自分!!ということでしょうか。







ここの病院の先生始めスタッフの方は、皆さん親切で優しい方ばかりです。
この日、二度もさくらの様子を見せていただきましたので画像をアップします。



さくらちゃん! お顔が見えませんけどー

CIMG7537.JPG










ママがわかったのかなー?
水入れを 持ち上げようとしてる
ケージから出たいんだねえ でも10日間くらい入院だよ
もう少しがんばろうね!
(ガラスケースの中は摂氏30度できっちり保温されていました。)

CIMG7543.JPG







親ばかなさくらママは、動画も撮ってしまいました
元気そうに見えましたが・・・













ママね、今日もお仕事終わって面会に来たんだ
僕はうれしくって何回もケージにかじり付いちゃったよー
ε=ε=((ノ゚3゚)ノ チュ!!チュ!!チュ!! 

にほんブログ村
posted by さくらママ at 22:21| 埼玉 ☔| Comment(10) | TrackBack(0) | 産卵(無精卵)記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月06日

おちりの毛引きは初お玉でした


さくらのお尻周りの毛が五円玉のように禿げていたのに気がついたのは
昨年末の29日の朝でした。
朝、就寝用ケージから出すと、お尻の毛が濡れているので、
「あらー 水入れにお尻浸けちゃったのかな?」と。
でも、さくらのお尻が浸かるほど大きな水入れでもないし、体の中から
おしっこの様に水が出たのかしらと思いました。
でもおかしいと思って良く見ると、お尻の真ん中が膨らんで丁度、五円玉の様に
なっていて周りに毛が無かったのです。

さくらは昨年の夏、毛引きを発症していましたのでお尻の毛も抜いたか?と
思って観察を始めました。2〜3日はその場所を抜いているような行動を殆ど
していなかったのですが、お尻の周りの抜け毛は少し進行していました。
何処で?就寝中?でもケージの下に落ちている毛は1〜2枚位でした。


この間にさくらは、発情行動も収まっていて特にいつもと変わった様子もなかった
のですが、今朝、会社で放鳥中、糞をする場所に来ても後ずさりしてプッシューと
いうおならみたいな音だけで糞が出ないのです。
それが2度3度あり、いつもの引き出しの中ではお尻を物にすりつけるようにして
いました。これは、ちょっとおかしいかも???





そんな訳で少し長くなりましたが、これが今日病院に行って先生に報告した
通院理由の詳細です。
早速、先生が触診をしたところなんと、卵が一個入っていると言うのです。
お尻の抜け毛は正常の範囲で体重は55gで5g増えていました。
さくらは2歳2カ月で初めての産卵を経験することになったのです。
勿論、ママにとっても初めての経験です。
おしりも毛引きか?なんてとぼけてますよね。勉強不足です。



Dr: 今日から三日間程で卵を産むでしょうから、明日も再診に来てください。
   卵を産んでいたら、卵も持って。ただその間、卵が出てこない卵詰まりの
   状態になった時には病気、生命の危険もありますから手術で出すという事も
   考えなくてはなりません。


ママ: ・・・

Dr: 今日は、排卵誘発とカルシウム、糞に血が混じっていましたので                        菌の繁殖を抑える注射の3本をしますね。
    そのう検査は、正常値でしたよ。


ママ: あー はい。チクンか〜〜

    
    生活はどの様にしたら? 放鳥は?
    いつも会社に連れて来ていて、
    引き出しの中が好きで遊んでいるのですがー


Dr: えッえー 引き出しですか?
   放鳥はしないほうが、少し薄暗い場所で静かにさせてあげてくださいね。


ママ: (そりゃー 夢精卵とはいえお産だからね〜) 


なんと、さくらママには驚きの診断結果でした。
そういえば、今朝は床の上をトコトコ歩いてママの後をついて回っていました。
身が重くて飛べなかったのかしら?おちりばかりに目が行ってお腹を見ていな
かったです。
でもこの時点で病院に来ていて良かったかな〜とちょっと安心ですが、
これからの数日が娘の初産を待つようで、とっても心配です。
鳥は人間の様に痛い、つらい思いはしないのでしょうか?
お玉はちゃんと出てくれるのでしょうか?初産の卵は大きいらしいのです。

今、こうしている間に隣室のさくらが ピッピ 小さい小さい声で鳴いています。
いつもはチュンとも鳴かないで、おとなしく寝ている時間なのですが。
ちょっと、カーバーをかけたケージを覗いてみます。


ん?お玉無し、元気そうでおちりをすこし気にしているみたい。。。。。







驚きの診断結果でしたが、診察の様子を写して来ましたのでアップします。
我が家から20分程の小鳥専門病院です。

CIMG7502.JPG








今日は、いつものイケメン先生はオペで アニメのあられちゃんみたいな
可愛い優しい先生、やさしいやさしいチョキでした。。。

CIMG7496.JPG







小さな小鳥のお腹に聴診器を当てて

CIMG7494.JPG







やっぱり お腹膨らんでたんですねー

CIMG7497.JPG







チクン三本でした。お腹のそばにも一本。
良い子で がんばったね!
 
CIMG7500.JPG







就寝用のケージに、庭の鳥小屋に用意してあった藁の巣があったので
良いのか悪いのか不明ですが、置いてやりました。
続いて2個から3個産むこともあるそうです。

CIMG7505.JPG








ウムム〜〜 やっぱりお玉ちゃん入っているよね!
なんで 気がつかなかったのかなー?

CIMG7516.JPG









さくらの顔が きりりとしてきたようです
がんばって お玉ちゃん出すんだよ!

CIMG7503.JPG






僕も始めての体験(っていうか、もうアタシって言った方が良い状況かも?)
ママも新米でー初めてだから心配ですー

さくら大丈夫よ! コザクラの女の子はみーんな体験してることなんだから
きっと 絶対うまくいくからがんばろうね!

CIMG7509.JPG








ママと一緒にがんばります
┣¨キ(p´・_・`q)┣¨キ

にほんブログ村
posted by さくらママ at 23:21| 埼玉 ☔| Comment(4) | TrackBack(0) | 産卵(無精卵)記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。