2015年03月21日

旬☆からし菜の麺つゆ漬☆絶品です


ただいま 春の陽差しいっぱいの関東地方は 

美味しそうな?からし菜の 黄色い蕾もふくらみ始めましたよー


からし菜の麺つゆ漬けは とっても簡単!

塩漬けにして一晩置いて 翌日、麺つゆに漬けたら

次の日には 美味しくいただけますよ


1、からし菜は花茎から 15cm程の処を手でポッキと摘みます
  大きめのボールに一杯分くらい(おおざっぱですいません)


2、からし菜は良く水洗いして 
  鍋のお湯が沸騰する前に 小分けにして湯通しする
  次のからし菜の湯通しは 水を足しながら湯の温度を下げてから入れます
  ※沸騰した湯では からし菜独特の辛味が飛んでしまいます

CIMG8512.JPG


 葉の色が変わったら(半生状態でOK)すぐに鍋から上げて水に晒す

CIMG8513.JPG






3、全部の湯通しが終わったら 塩を全体に振りかけ

CIMG8514.JPG

 

 手で揉みこむます

CIMG8515.JPG






4、からし菜を軽く絞って器に入れ 重しを乗せて室温で一晩置く

CIMG8516.JPG






5、翌日 密封容器に入れて調味料Aを全体にかけます
 A 麺つゆ:1 に対し 水:6
  (本みりんはお好みで。。。100cc位)

 ※Aの調味料の量
  からし菜全体量の半分ほどが 浸かる様に調節します

CIMG8544.JPG






6、冷蔵庫に保管したら 翌日には味が浸み込み食べごろです
 
CIMG8536.JPG

 ちょうどお彼岸 お萩と一緒にいただいたら(゚д゚)ウマ- 

 ピッリっと辛みがあって絶品でした 
 
 土手や河原に咲く野生のからし菜を 見つけたらぜひお試し下さい!
 (おおざっぱな レシピでごめんなさい)
 







ということでもちろん からし菜摘みはさくらも一緒

20150315_164451.jpg







20150315_164311.jpg






おいしい空気 いっぱい吸って

20150315_164359.jpg






自然の中で 草花を眺めて

20150315からし菜164100.jpg







美味しいハコベもいっぱい食べて 今日も楽しかったね〜〜

20150315_164216.jpg













だってー毎日々 お薬と発情抑制の食事制限だけじゃー
コザクラやってられないもんね〜(*´д`*)ボソ

にほんブログ村


posted by さくらママ at 21:39| 埼玉 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | さくらママのクッキング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月04日

さくらママの胡瓜と茗荷の酢・醤油漬け


 夏が過ぎて、茗荷の時期はそろそろ終わりでしょうか?
スーパーやお店には出ていますが、ちょっと値段が高めかな。。。
もし、自家製とかの茗荷がたくさん手に入ったらお試しください
茗荷をたくさん入れるととっても美味しい酢・醤油漬けです

これは、新潟県妙高市の料理店奥様の直伝です。
とーっても美味しかったので、教えていただきました
そんなわけで、量がちょっと多いです

ご家庭用には、全て半量で良いかもしれませんが酢を使いますから
一か月は冷蔵庫で保存出来ますよ。



     材 料: 胡瓜と茗荷 併せて2sを用意
          お好みで唐辛子(鷹の爪)

     調味料: 酢     1カップ     
           焼 酎   1カップ     
           醤 油   4カップ     
           砂 糖   160g    
           はちみつ  500g(甘みは加減して下さい) 


作り方:@ 胡瓜(この量で15本)と茗荷を用意します

CIMG6836.JPG
(さくらちゃん ウンPはやめてよー)





   A材料を切ります

CIMG6839.JPG





   B調味料を計ります

CIMG6833.JPG
   



   C調味料を全て大きめの鍋に入れて、沸騰直前に火を止めます

CIMG6841.JPG
 (眼を離すと調味料が沸騰してこぼれますから要注意です)




   D切ったキュウリと茗荷を深めの容器に入れて置き、
    熱くなった調味料を鍋からそのまま材料にかけて容器に入れます

CIMG6843.JPG



   

  
  E材料に調味料を浸みこませる為に、五分程そのままにします






   Fその後、調味料を再度鍋に戻します
    鍋に戻した調味料を火にかけて沸騰直前に火を止めて
    DEを 合計3回繰り返します 

CIMG6844.JPG





    3回目には、キュウリと茗荷に調味料が浸みこみます

CIMG6845.JPG





   G 3回目は調味料を入れたまま室温で冷まして、
     密封容器に入れて冷蔵庫で保存します
     この時にお好みで鷹の爪を切らずに入れます
 (調味料の量が多めなので、容器にひたひた程度にしたら残りは捨てます)

CIMG6847.JPG





   かわいいはーい 出来上がり どうぞ召し上がれー

   翌日からでも頂けます  白米に良く合って美味しいですよ

CIMG7032.JPG









 おばあちゃんも美味しいって食べたよ
 (( ̄〜 ̄))ムシャムシャ

にほんブログ村
posted by さくらママ at 23:07| 埼玉 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | さくらママのクッキング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月30日

メープルシロップで花豆を煮てみました


群馬県水上の道の駅で購入した“花豆”200gです。

CIMG0036.JPG




大きめのボールにたっぷり水をいれて、一晩浸します。

CIMG0038.JPG




今日は、初めてメープルシロップ100gを使った煮豆、
甘さの加減が不明なのでお試しなんです。

CIMG0042.JPG




大きめのお鍋に入れて、水からコトコト弱火で一時間半程、
時々灰汁(あく)をすくいます。 
豆が充分柔らかくなったところでメープルシロップをいれます。

CIMG0040.JPG



更に一時間程 煮込むとほーらこんなにふっくら。。。(・ε・`。)ン? 
ちょっとさくらちゃんお尻が写るんですけどー
「ママ ごめんなさい 特別出演ていうことでー」

CIMG0050.JPG




今度は真面目にほーら こんなにふっくら艶やかに美味しそうでしょー
以前は、精製された白砂糖、三温糖などで煮ていたのですが
精製されたものは体に良くないということで今は使っていません。

でも、メープル100gだけではちょっと甘みがさっぱりでしたので
さいごに 沖縄黒糖大さじ1杯と新潟県笹川流れの海水塩小さじ一杯で
30分位煮込んで終了です。
今回はこれだけの甘味料で煮てみたのですが、
市販されている煮豆に比べたら、ほんとうにさっぱりしています。
豆本来の味が感じられる甘さです。 

CIMG0046.JPG





「ママー 最後にも一回だけね 会社の沖縄シーサーと記念撮影 
 今日はちょっとだけの出演でしたがうれしーさ なんちゃって (*゚ェ゚*)テレ」
   

CIMG0012.JPG




結構 おやじギャグが好きな僕です
にほんブログ村 鳥ブログ コザクラインコへ
にほんブログ村
posted by さくらママ at 22:18| 埼玉 ☔| Comment(10) | TrackBack(0) | さくらママのクッキング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。